ファンダメンタル分析を勉強するには,書籍で財務指標,バランスシート(B/S)などを学ぶのが通常でした.ですが本当に必要なのは指標の解説ではなくて,会社はいかに利益を出すのか?それにつれて会社の状態が変化するのかを知ることなのです.これは会社経営を体験すれば身につきます.といっても,そんな機会はない投資家のほうが多いでしょう.
次善の方法としてシミュレーション体験ができるようになってきています*1.それがこれ.
''キャピタリズム2''
巨大企業を設立して経営するシミュレーションゲーム。プレイヤーは企業の社長となり、マーケティング、製造、購入、輸入、販売などの戦略を駆使してビジネスを展開していく。実際のビジネスで起こりうるほぼすべての要素を網羅.

ゲームというわけですが侮る事勿れ!*2
簡略化されているけれど,これまでの経営ゲームよりはプロセスが考慮されていて経営のおおざっぱな基本を体感できる良作でした.大企業の利益の源泉は 商品開発-製造-宣伝-販売の流れ であり,この組み立て方が増益,減益にどう関連するのかを教えてくれます.業種は製造業、販売業、ビル経営など.金融在庫コスト,B/Sがあります.
バフェットはいいました

  • 「バカでも経営できる企業を探しなさい」
  • 「特に経営されていなくても多額の利益が上がる企業、これが私の理想です」

とそういう企業はどういう業態なのか考えたくなりました.
お子様にもオススメです.

*1:バリュー型投資家の間で密かに人気らしい?

*2:しかしまたゲームであることを忘れないように