「諦観的日本経済論」のすすめ

市来治海(著)

財政クラッシュの着地点をふまえたシナリオ分析ができている点は,類書にない特徴である。浅井隆しか読んでない人にはいいと思います.

当方の書蔵を整理していたらこんなものが..(^^) 温故知新シリーズ.

岡部寛之の株は春秋にあり :トクマブックス

目次

  • 第1章 大暴落はもう1度やってくる―相場輪廻の見極めこそが暴落時代を乗り切れる
  • 第2章 恐慌を引き起こすもの―日本経済をいぜんゆるがす円高ドル安
  • 第3章 生涯財テクのすすめ―不安な時代を生き抜くために
  • 第4章 時代を見すえて資産をふやす―万一の場合の積極的対策とノウハウ
  • 第5章 最大限に儲ける投機相場術―やる気のある投資家のために無手勝流マル秘伝
  • 第6章 天井・大底はこうやって判断しろ!―大相場全体を通じて儲ける法
  • 第7章 この銘柄を狙え―確実に利を手にする目先作戦