モダンガール論 女の子には出世の道が二つある

さて今回の週末読書はこれ.女性のための,預金封鎖対策?というと飛躍しすぎか(^^).曰く,"社長になるか、社長夫人になるか。それが問題だ" 女性にはこんな視点があるんだなと,73へぇ〜です.日本人を大きく分けると,有産階級と無産階級×男と女の4部分があるんだろう.

また羽仁もと子市川房枝第二次世界大戦を「戦争万歳!」といっていたのも今では黒歴史か?しかも前者は戦後「民主主義万歳!」になってるし..求めていたのはテンションだけか?運動家というものは.かつて,先取的な人たちほど戦争を歓迎していた事実はもう公には聞くことが難しいが,やっぱり当時も侵略を過半数は支持していたのだろう.ブッシュの戦争をバカにはできない.
目次
第1章 将来の夢、みつけた(女学校に行かせて!お嬢さんは職業婦人 主婦ほど素敵な商売はない)
第2章 貧乏なんて大嫌い(労働婦人ってなんだネオンの街で生きぬく法 みんな「働く主婦」だった)
第3章 夢と現実のはざまで(女性誌が教えてくれたこと キレた彼女が立ち上がるとき ああ、すばらしき軍国婦人)
第4章 高度成長の逆襲(めざせOL、女子大生 あなたも私も専業主婦 翔んでる女がぶつかった壁)
終章 バブルが消えて、日が暮れて
asin:4167656876

男性誌探訪 ←あなたの知らない男性誌の世界?

ついでにもう1冊.男性諸氏にはおなじみの『メンズクラブ』『エスクァイア』『ブリオ』『ナビ』『ブルータス』『レオン』『ヤングオート』『月間へら』『ターザン』『バザー』『鉄道ジャーナル』『丸』『山と渓谷』『週刊ポスト』『プレジデント』『日経トレンディ』『ホットドック・プレス』などを女性向に紹介."『週刊スパ』は女性恐怖症の自虐サラリーマン雑誌"にウケマシタ(^^).まあ立ち読み程度でいいけど.

asin:4022578815

不倫幸福論

不倫でも女を幸せにする男はこういうことらしい..なんか女性が一方的に妄想してるよね.アホ本の例としてだしてみた.

できる男
自分の仕事に疑問をもって悩み,理不尽さに憤りながらも、その仕事に打ち込み評価される男。そんな真にできる男こそ、大人のロマンスは似合うのだ。
女のために嘘をつく男
不倫の恋に嘘はつきもの,れど同じ嘘をつくなら,自分自身を守るためではいけない。女を傷つけないためのやさしさと思いやりから嘘をつく男こそ不倫は似合う。
feel:keyword:結婚">結婚指輪の扱いを心得ている男:男にも事情があるのだから、指輪を外せとまでは言わない。けれどもせめてその女と一緒のときは指輪を外そう!女へ思いやり、妻へ配慮.この両立が不倫の恋を幸福に..
feel:keyword:ロマン">ロマンティックな男:熱があろうと、睡眠不足だろうと、明日の仕事が速かろうと、好きな女が一緒なら、そんなもん知ったこっちゃない.ついつい無茶をして夜更かししてしまう男.

asin:4344004752