中国にある黄金の羽根?

  • 制度の隙間にも利益があるわけですが、中国の場合まず20012月本土B株香港ドル米ドルでの取引が開放されてB株指数は暴騰。サプライズをうけてB株を購入していた投資家は利益を得ました。
  • 次に本土適格機関投資家が香港市場投資できる制度(QDII)がOKとなり香港に同時上場している株価の安いH株は上がってしまいました。しかし1年間もかかっています
  • さて3回目はどうか?現在は中国の通貨元が変動相場制に移行するという状態をうけて上昇トレンドになるであろうということでしょうか。

リンク元