Xデー銘柄完全ガイド

Xデーの後は大波乱になるが,そこが儲けどころだ.皆一斉に大暴落するも,落ち着いてくると復興需要で盛り返すもの.相対的に買われるもの,倒産するもの,再編するものなど高い変動率が期待される.イベントには自然災害、テロ、財政破綻があるが、来ない事を祈るのではなく、来た時の対処を準備するものだけが生き残れるぞ!

■目次
イベント・リスクにこの銘柄で勝て!
本書の使い方
第1章 自然編
●自然現象イベントとは?
●災害大国日本の自然災害マップ
●大地震がやってくる 東京に大地震が起こったら/Xデー直後の注目株/Xデー1ヵ月後の注目株
●富士山が大噴火したら 富士山大噴火の被害を予測する/Xデー直後の注目株
●大洪水がやってくる 東京に大洪水が発生したら/Xデー直後の注目株
コラム Xデーの投資戦略12
第2章 社会・政治編
●社会・政治イベントとは?
●世界テロ危険地域マップ
●日本で自爆テロ多発 Xデー直後の注目株
●生物・化学テロで汚染 Xデー直後の注目株
原子力発電所が暴走 Xデー直後の注目株
サイバーテロ発生 Xデー直後の注目株

●隣国からミサイル着弾 Xデー直後の注目株
●米国が京都議定書を批准
ASEANFTA調印
●「元」の自由化
●カジノが合法化
コラム Xデー投資戦略34
第3章 経済編
流動性の罠とハイドロプレーン現象
●債務残高の国際比較マップ
●財政危機がやってくる 現行の法体系内で緊急時に政府が個人資産に対してどこまでの制限ができるか

財政破綻インフレに備えておくべきこと Xデー前後の注目株
財政破綻の後にくるもの Xデー混乱後の注目株
●あらゆるXデーに強い最強4銘柄
●近未来ニュース年表 2004年6月1日からの世界
●Xデーを乗りきる情報力

g:stock:id:stock:20040529


うちはファミリーオフィスで運営するから…という方には、

実践ヘッジファンド投資―成功するリスク管理
■目次
第1部 投資家から見たリスクマネジメント
1 生命保険会社のヘッジファンドポートフォリオにおけるリスク・アプローチ
2 機関投資家によるヘッジファンド投資リスク管理
3 ファミリーオフィスでのヘッジファンド投資リスク管理
4 財団法人によるファンドオブファンズ投資
5 ファンドオブファンズのリスク
6 効果的ヘッジファンドリスク管理の手法
第2部 カウンターパーティから見たリスクマネジメント
7 信用供与者によるヘッジファンドリスク管理
8 ストラクチャー構築者およびエンハンサーによるリスク管理
9 プライムブローカーによるリスク管理
第3部 ヘッジファンドマネジャーから見たリスクマネジメント
10 投資顧問会社のリスク管理
11 ヘッジファンドの健全な運営について
12 ヘッジファンド戦略におけるリスク管理
13 米国株マーケットニュートラ戦略
14 日本株ロングショート戦略
15 リスクアービトラージ戦略におけるリスク
16 転換社債アービトラージ戦略
17 モーゲージ戦略
18 ディストレス証券ポートフォリオリスク管理
19 株式ショート戦略固有のリスク
付録 ヘッジファンドリスク・ガイド

g:stock:id:stock:20040528

イラク利用法

合理的イラク利用方法には原油支配は欠かせない。親米政権から安定供給を受けるためのコストより、政権破壊、軍事支配、経済支配して直接いただくほうがお得になった今、変な政権に移譲しないですむ方法を模索中である。
まずは、政権ができるのを妨害することだ。武装勢力を刺激し、一般市民を巻き込んで内乱を起す。これは順調でこのために治安維持と称して全土に米軍を展開できる。
その一方、世界一のアメリカ大使館を建造中だ。実質的にペンタゴンイラク出張所というところだろうか。国連の懐柔は復興予算をコントロールするためにやっている。家康が江戸を建設するにあたり諸大名にやらせたようなものである。

mixiはどんなじゃろ。

フレンドマップにつづいてMIXIも潜入してみました。
一言で言うとぜんぜん、あかんわ(;一_一)、サークルみたいなところは、登録ばかり多くて、中身は閑散。フレマより使い勝手はいいとこもあるのに失敗みたい。
┗>追記200409:ユーザは10万突破.SNSどんぐり競争から,抜け出したみたいです.