宝塚でもいじめ:檀れい、トップ娘役に抜擢され猛烈ないじめに遭遇。

http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20131017/Postseven_216968.html?_p=2
日本のいたるところに・・。学校だけなくなるわけもなく。

アップルこけた。iPhone5c見込み違いで。発注削減を台湾企業に伝達と・・。

http://mxt.nikkei.com/?4_17072_1035617_24
もうカリスマ遺産にすがるだけの会社。だめぼ。

バーバリーの美人CEOアンジェラ・アーレンズがアップルの新しい販売戦略部門の責任者に抜擢の真相。

http://t.co/dKgxps6gGD
ぴろー営業とか?

「金融占星術」はなぜ、相場分析手法に最適なのか?「11月上旬にXデー!?」(金融占星術の世界的大家の為替ディーラー山中康司氏)

http://news.nifty.com/cs/magazine/detail/spa-20131017-519461/1.htm
金融占星術は1940年代から続く、日食の日はドルが買われやすく月食だと売られやすいといったように、星の動きと値動きとの相関性に基づいた統計的アプローチだ。『いつ相場が動くのか』と日柄予測するにはこれ以上の方法論はないでしょう。11月を見てください10月31日から11月13日までの2週間の間に、変化日が5回も集中している。あまりにも多すぎる。しかも、10月21日からは水星の『逆行』が始まります。そして変化日が集中する10月の後半から11月の2週目にかけて『年内最後の大相場』になる可能性が高い。そして焦点となっているアメリカのテーパリング(金融緩和の規模縮小)は『金星の逆行中は金融政策を変えるな』と中央銀行関係者の間で言われるくらいなので金星の逆行が始まる直前、12月18日FOMCが濃厚なのでは?

探検語

傑作ばいきんまんそだちの科学自閉症治療・療育の最前線 未来のやなせたかし画集わたしが正義について語るなら 中古ワンルーム2戸からはじめる家賃40万円稼ぐ黄金の法則 それいけ!フレーベルのえほんやさしいライオンおとなへ SWITCHあんぱんまんキンダーおはなしえほん語るインコ語 古事記ファンタシースター感謝モーニングバード楽しい 東ちづるの簡単ニッポン西遊記何のために生まれてきたの 90歳からおもしろい東京土地グランプリチリンのすず? オイドル絵っせい 人生100年インタビュー古代国家はいつ レッスン帖もっともっとインコに愛されたいあなたへ成立 触手学入門絶望の隣は希望です美少女パイパンファイル 買ってもいいインスタント食品 カップめんからレトルト パイパン専科芸能人 白石茉莉奈 AV買ってはいけないまで したか坊っちゃん日本人には塩が足りないミネラル 冷凍食品 日本国家破産時にバランスと心身の健康 財産を10倍にする人 有末剛緊縛五輪書 第壱巻真説 黒田官兵衛の情報学 インテリジェンス

続きを読む