極悪九電、原子力規制委員会安全性見直し要求も無視、免震構造を持つ大型施設の新設を撤回、支援機能でごまかし今のまま。桜島ドッカーンで放射能まみれ天罰か。

原子力規制委員会26日:安全審査会合で、九州電力川内原子力発電所事故対応拠点について議論。九電は免震構造大型施設の新設を撤回、既存拠点を使い続ける方針を示した。規制委は
と見直しを求めたが時間がかかると、既存の拠点を使い続ける考えを説明