日銀マイナス金利で実需なき不動産投資を引き起こしているとの声。投機的建設に「不動産市場は異様な状況」

http://jp.reuters.com/article/focus-real-estate-market-idJPKCN10U0R6
GDP成長率全体が横ばい中、住宅投資は前期比5.0%増と高い伸び。2000年代に入ってこれほどの伸びはほとんど見られなかった。日銀マイナス金利導入後、今年2月から新設住宅着工が急速に伸び、ここ3年間は年率換算80万戸台だった着工戸数が6月には100万戸突破。その主体はアパートなどで持ち家は前年比2.1%増だが、貸し家は11.0%も増加。
不動産業者も「相続対策の賃貸住宅建設で供給ばかり増えている」とバブル的供給過多現象を嘆く声。

「高額請求」で大炎上、PCデポは氷山の一角。次はどこ?暴落。

http://toyokeizai.net/articles/-/132414?
携帯電話端末の販売においても、似たような事例は掃いて捨てるほどある

橋本マナミ タイムストリッパー (メイキングDVD(70分)つきフォトムック)
橋本マナミ
:

続きを読む