2016年ノーベル物理学賞は「トポロジカル相転移と物質のトポロジカル相の理論的発見」ワシントン大学名誉教授D. J. サウレス,プリンストン大学教授のF. D. M. ホールデン,ブラウン大学教授のJ. M. コステリッツ,

David J.Thouless82歳,F. Duncan M.Haldane65歳,J. Michael Kosterlitz74歳の3氏に。賞の半分はサウレス氏,残りをホールデン,コステリッツの両氏で分け合う。
:

セクハラに遭いやすい人が持つ特徴

http://toyokeizai.net/articles/-/138627?
ターゲットになりやすい「関わり方」の特徴

  • 人当たりが良く、いつも笑顔
  • 会ってすぐ自己開示
  • 高い声、甘えたような話し方
  • 隣に座る
  • 触っても嫌がらない
  • 揺れるアクセサリーやふわふわした髪型をする

:

大隅良典・東京工業大学フロンティア研究機構特任教授が科研費を批判:補助金が補助金ではなくなり「研究費」そのものになっている。

https://www.jsps.go.jp/j-grantsinaid/29_essay/no78.html

  • 科学研究補助金研究環境が整った上で、さらに補助する制度で、什器の購入などには使えない。以前は講座費という研究費があったので、科研費がなくとも最低限の研究を進めることができた。
  • しかし昨今、運営費交付金削減と競争的資金化によって、経常的な活動のための資金が極端に乏しくなってしまった。補助金補助金ではなくなり「研究費」そのものになっている。
  • 運営経費を得るために、研究費を獲得している人、研究費を獲得しそうな人を採用しようという圧力が生まれた結果、研究費を獲得しやすい分野の研究者採用する傾向が強まり、大学における研究のあるべき姿が見失われそうになっているように思える。
  • 若者も、はやりの研究課題に取り組みたいという指向性が強くなり、新しい未知の課題に挑戦することが難しいという雰囲気をますます助長している。次代の研究者はますます保守的になって新しいものを生み出せなくなってしまうのではないだろうか。
  • 現在科研費の絶対額が不足しており、採択率がまだ圧倒的に低い。
  • 私は、研究者自分研究が、いつも役に立つことを強く意識しなければいけない訳でもないと考えている。
  • 直ぐに企業化できることが役に立つと同義語の様に扱われる風潮があるが、何が将来本当に人類の役に立つかは長い歴史によって初めて検証されるものだという認識が、研究者の側にも求められていると思う。

FLAT35金利:1.060%&0.950%と微Up&Down(10月)

フラット3510月金利
返済期間21年以上:最多金利、年1.060%
返済期間20年以下:最多金利、年0.950%

ぜんぶ絵で覚え第1種電気工事士技能試験すいっと合格
ぜんぶ絵で見て覚える 第1種電気工事士 技能試験すい~っと合格2016年版
:

続きを読む