NYダウに不気味な「ヒンデンブルグ・オーメン」が点灯(2015年6月点灯時は8月にNYダウが暴落)

http://toyokeizai.net/articles/-/174556?
これは盲目の物理数学者であるジム・ミーカ氏が考案したNYダウ専用の分析で、同日に下記3項目が起こると「サイン点灯」だ。
(1)NYダウの値が50営業日前の値を上回っている状態(10週移動平均線を用いる説もある)
(2)NY証券取引所(NYSE)での52週高値更新銘柄と52週安値更新銘柄の数がともにその日の値上がり・値下がり銘柄合計数の2.2%以上となる(つまり専門用語で言えば新高値・新安値比率が2.2%以上。2.8%以上との説もある)
(3)短期的な騰勢を示す指標である「マクレラン・オシレーター」(McClellan Oscillator、オシレーターは「振り子」の意味)の値がマイナス
一度サインが出ると「40営業日は有効」とみなされ、以下が発生すると言われている。
・77%(80%との意見も)の確率で、株価は5%以上下落
・パニック売りとなる可能性は41%
・重大なクラッシュとなる可能性は24%

橋爪功さんの息子、俳優・橋爪遼容疑者(30)、覚せい剤所持で現行犯逮捕。

容疑者は2004年デビュー、映画「クローズZERO」などに出演していた。 

続きを読む