貧乏でなんのとりえもない高卒フリーター 株で2億!


こんなかんじかな♪
この物語は、ある家庭の下流社会に戦いを挑んだ熱血トレーダーの記録である。株式投資界においてまったく無名の弱体トレーダーが荒廃の中から健全な精神を培い、わずか数年で資産2億をなし遂げた奇跡を通じて、その原動力となった信頼と愛を余すところなく単行本にしたものである。  

両親ととも暮らすは家賃7万円団地の4畳半。そこから株式投資で2億円を稼いだ24歳のトレーダー・ひろっぴ。引きこもり同然の株式取引スタート、高卒フリーターとして、いまでも、夕方からは工場で働く毎日。そんな、淡々とした日常をおくるひろっぴが、ネット株トレーダーとして、かずかずの失敗と成功の果てにつかんだ“夢と希望”とは?
ここでは、ひろっぴが行う「スウィングトレード」の詳細を解説。デイトレードとは違い、株をオーバーナイトする手法だ、このスウィングトレードは、忙しいサラリーマンでも十分マネでき、「天才でなく、ぼくのような凡人でも大金を稼ぐことができる」と著者も語る。またこの本を読めば、なぜ若者が株に走るのか?ライブドア騒動の舞台となったネット株取引の世界はどのようなものか?勝ち組・負け組と称される「下流社会」で、自称「貧乏でなんのとりえもない」若者がいかに、自分の人生や社会に夢と希望を見出し、その夢を実現させていったか?そんな読み方も出来るだろう。
asin:4594051014