楽天店舗、減少惨状…課金増に悲鳴、続々退店

楽天ほどセコイ商売はない
http://www.zakzak.co.jp/top/2006_06/t2006062834.html

楽天税”と呼ばれる売り上げへの課金や広告費、通信費など楽天に払うお金が年々増加し、退店する店舗が続出。厳しい“取り立て”は同社の増益に貢献する。。
「カネ、カネ、全部カネ。店が儲からないシステムになっている。広告を打つだけで数十万円。楽天が客引きのため『やれ、やれ』という大安売りもプレゼントも店の負担。小さな店は赤字だ。イヤなら(出店を)やめろという。

かつて農民は没落して、小作と水呑となったね。そして農村は没落して岩崎にこき使われる都市労働者になったね。そして、現代農民たち。きょうも宮本常一

新規出店数は1460で同2126から大幅減少。「既存店舗に紹介を依頼するなど、新規店舗集めに躍起になっているようだ」
直接の原因とみられるのが、今年から改訂された利用料金。これまで無料だった売り上げ100万円までに対し、約4%の「システム利用料」が課金されることになったのだ。

相場も楽天ショートや♪(●^o^●)

誰でも出店可能な自由な市場として、織田信長が広めた楽市楽座。その現代版を目指した楽天
ところが平成14年、基本料金に加え100万円以上の売り上げやメール配信数に応じ、超過料金を徴収する従量課金制度を導入。「支払いは一気に5倍になりました」

すでに楽天じゃなく酷天や♪

ネットショップの最大の財産は、メールアドレスなど顧客情報だ。楽天は16年、これも“召し上げ”た。「自分で苦労して集めたアドレスが、使うときは何十万円も取られる。退店するときももらえず、

さすが三木谷、信長の次は、太閤様の刀狩にならってアドレス狩りや♪

さらに昨夏の顧客情報流出事件を機に、クレジットカード決済の自社の代行システム利用を義務づけた。

これは江戸幕府の参勤交代か?、そして時代は尊皇攘夷になんてね♪