国民所得 10年で世界一に 日本経団連「躍動」スタートの年

http://www.business-i.jp/news/sou-page/news/200801010006a.nwc

日本経団連御手洗冨士夫会長は1日付で、「2018年までに日本の国民所得水準を世界トップにする」との目標を発表した。

なぜか?

日本の外貨獲得高は50兆円あまりだが、トヨタキャノンソニーなど大手10社で3分の1、上位30社で半分を稼いでいる・・・経団連会長の御手洗冨士夫氏(キャノン会長)は、さらに安く人材の確保を目指して、東南アジアをはじめとする外国人労働者の導入を推進しようとしている。

http://moneyzine.jp/article/detail/16731/

国民所得の半分はごく一部の大手企業人に配分かも