『エスクァイア』休刊の衝撃

http://www.business-i.jp/news/culture-page/news/200903090043a.nwc
世界12カ国で発行されているエスクァイアの日本版『エスクァイア日本版』が5月23日発売7月号で休刊に。これが海外提携誌は安泰だという見方の出版界にショックを与えた。
2008年は『主婦の友』『現代』『論座』『読売ウイークリー』『月刊プレイボーイ』『ヤングサンデー』などが休刊、2009年に入って、『ヨミウリPC』『カワイイ』が休刊。「2008年日本の広告費」によると日本の広告費は前年比-4.7%、しかもマスコミ4媒体(新聞・テレビラジオ雑誌)だと-7.6%、さらに雑誌は-11.1%と最も落ち込んでいる。