投資判断は人工知能AIに?

http://news.finance.yahoo.co.jp/detail/20100715-00000005-wsj-bus_all
人工知能投資を試みているほとんどの投資家機械学習を用いているという。その一つの新興企業ニューヨークの小規模ヘッジファンドリベリオン・リサーチがある。堅実な実績を誇りS&P500種指数を年間平均10%上回っているらしい。リベリオンのAIシステムの生みの親はスペンサー・グリーンバーグ氏(27)。グリーンバーグ氏はコロンビア大学卒業2005年中ごろに、高校時代の友人レグザンダー・フライス氏、作曲修士号を持つジョナサン・スタージェス氏、数学者ジェレミーニュートン氏と協力して設計に着手した。リベリオン機械学習トレーディングに利用する新たな一派。リベリオンは株を長期間保有する傾向がある。平均4カ月だが、2年以上にわたるものもある。空売りレバレッジ利用はしない。著名投資家、ジャン=マリー・エベヤール氏は先ごろ、数十万ドルの自己資金をリベリオン投資した。サンフランシスコのヘッジファンド・セレベラム・キャピタルも機械学習トレードを2009年に開始。これまでの典型的な数理的、金融工学的手法は戦略を切り替えたり戦略を修正したりすることはできないらしい。