マクロ分析、プロが頼りにしない3つの理由は?「運用は営業に始まり、言い訳に終わるビジネス」

http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/trend/yamazakidojo/20101125-OYT8T00696.htm
大手運用会社はマクロ経済分析のエコノミストがいて、エコノミスト分析をもとに株式債券・為替など市場分析を加えて投資戦略を考えるストラテジストがいる。しかしマクロ経済の分析で運用パフォーマンスを改善することが難しい理由は少なくとも3つあると・・・

  • マクロ経済の主要指標予測そのものが難しい。
  • マクロの経済数値と株価や金利、為替レートとの関係を推定することが難しい。
  • 市場現在どのような予測を織り込んでいるのかを直接観察することは難しい。

ではなぜ運用会社金融機関は、高いお金を払ってエコノミストを雇うのか?顧客に対して「もっともらしい話」がしやすく、運用が失敗した時の言い訳もしやすいからだと。
またフィデリティ、ピーター・リンチは「私は、マクロの経済分析に、年間で15分くらい時間を使う」と言う。マクロ分析は役に立たないと考え、個々の企業を評価するが彼のスタイルだった。