日銀砲炸裂開始。政府・日本銀行は4日、東京外国為替市場で円売り・ドル買いの単独市場介入実施。

http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20110804-OYT1T00313.htm
介入は午前10時ごろに行われたとみられる。これをうけて円ドル相場は1ドル=77円10銭から約1円急落。市場介入は3月18日以来、約4か月半ぶり。野田佳彦財務相は緊急会見で無秩序投機的な動きをけん制するための日本単独介入を明かした。「介入効果をあらしめるため全力をつくすと」語った。