またも博士学位取り消し2人目の東大、助教が論文盗用で。

東京大学9日:学位論文で他研究者論文盗用していたとして社会科研究所・安藤理助教(33)の博士学位を取り消すと発表。東大で博士学位剥奪は2人目、1人は昨年3月、論文盗用発覚のトルコ助教日本人では初。そのまま盗用ケースが14もあったという。さらに今年3月発表の論文2本でも無断引用、なんと約5割が盗用と判断の常習犯のようだ。同様に著書でも盗用は見つかり出版社出版差止めを要請。
検証・地方分権化時代の教育改革 教育改革を評価する―犬山市教育委員会の挑戦
 検証・地方分権化時代の教育改革 教育改革を評価する―犬山市教育委員会の挑戦 (岩波ブックレット)