乳がん再発、完全防止の可能性…「幹細胞」解明

http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20120402-OYT1T01242.htm?f
東大、後藤典子特任准教授と日野原邦彦特任助教らが乳がん細胞のもと「幹細胞」が体内増殖する仕組みを解明。米科学アカデミー紀要に発表。がん治療ではがん細胞を死滅させても幹細胞が残り再発危険性があった。研究チームでは、乳がん組織の幹細胞が塊を作り増殖することに注目し、細胞表面のHRGたんぱく質結合で複数のたんぱく質が作られ、増殖環境を維持することを突き止めたと。