福岡市、民間の2倍近い給料の警備員や学校用務員、約950人を退職者補充せず将来的にゼロを目指す方向で検討。

現業職員内訳は、調理業務員332人、学校用務員250人、清掃職員111人、自動車運転手80人、船舶職員33人、警備員31人など。20〜30歳代約3割、40〜50歳代約6割、60歳代約1割。しかし警備員の給与はなんと民間の2.48倍、約47万8000円。用務員でも約39万2000円で1.87倍も払っている。