がん放置療法で後悔する前に「医療否定本」に殺されないための48の真実(長尾和宏)

「医療否定本」に殺されないための48の真実
 「医療否定本」に殺されないための48の真実画像

では治療をするとき、休むとき、やめるときはいつなのかにお答え。
がん放置療法」はあまりに極論、誰にでも当てはまる話ではない。いや当てはまらない人のほうが多い。なので後悔する前に、必ず読んでくださいとある。
■第1章 知っておきたい日本の医療の基礎知識
1 日本の医療システムは、文句なしに世界一
2 足りないのは、「医者」ではなく「総合医
3 「薬好き・検査好き」は、国民性の裏返し
6 高血圧・高コレステロール、基準が甘いのは高齢者だけ ほか
■第2章 検診を受けるか、受けないか
7 「がん」と「がんもどき」の間がある
8 2人に1人ががんになり、3人に1人ががんで死ぬ
9 がん検診を受ける権利、受けない自由
12 予防医療は、個人の生き方次第 ほか
■第3章 患者よ、もっと賢くなれ
13 「早期発見」は、やっぱりラッキー!
14 「がんもどき理論」は、あと出しジャンケン
15 がん治療をしてもしなくても、痛むときは痛む
16 「がんの基準は国によって違う」は当たり前
19 目指すべきは勝率を上げる「付き合い方」
21 「がん幹細胞療法」の時代へ ほか
■第4章 抗がん剤の真実
26 毒をもって毒を制す
28 抗がん剤が効くがんと、効きにくいがんがある
29 緩和医療なくして始まらない
32 迷ったら、休んでもいい ほか
■第5章 今日からできる暮らしの見直し
34 生活習慣病は老化現象ではない
35 がん認知症も、生活習慣病があるとなりやすい
36 「脂っこいもの好き」はやっぱり危険―脂肪依存症は、糖尿病がんを引き起こす
40 「ポックリ逝く技術」なんてあるわけない ほか
■第6章 「尊厳生」を全うする秘訣
41 「余命」は最後の最後までわからない
43 「最期は自宅」は自分次第
44 おひとりさまも、老老、認認も大丈夫
47 「平穏死」とは「待つ」ということ ほか
: