日銀黒田東彦総裁の誤算:追加金融緩和直後に政府は消費増税先送りに動き出してしまった・・・。政府日銀アコード違反じゃないか「はしごを外された」思い。

http://www.nikkei.com/markets/column/position.aspx?g=DGXLASDF14H0U_14112014EE8000
黒田東彦総裁は追加金融緩和に踏み切り物価目標達成へ執念を見せたが・・その直後に政府が消費増税先送りに動き出したのは誤算だった。任期中に大規模金融緩和を手じまう出口への道筋を描けるのか?!
増税が前提の日銀には「はしごを外された」と約束をほごにされたばかりか、金融緩和出口も封じられかねないと。
日銀の予定は金融追加緩和で2015年度後半に物価2%達成、大規模緩和は手じまう出口戦略議論を本格化し、2016年度には国債購入ペースを鈍らせ出口を探る時期のはずだった。それが増税は遅れ、金融引き締めが後手に回り、資産価格バブル物価を安定させられなくなったりする恐れも。
現行ペースの金融緩和では2017年末に保有長期国債残高が現在2.3倍の約440兆円とGDPに迫る規模に。いつBOJ政府赤字補填な「財政ファイナンス」との口実でやつらから金利急騰させられてもおかしくない。